こんにちは玉川の鼻折れ天狗です宜しく

年寄の戯言(ざれごと)じゃけどが辛抱して見てね
2017年3月18日
前にも読んだんじゃが コメント(2)読む・投稿する

 今日は愛媛トヨタに修理に行く用事が有って恐らくは時間も掛かる事

 そがいに思うて備え付けの冊子の中からこがいな物を選んで読んでみた

 この本はもう以前にもよんだのじゃが此の鎌田實と言う人の著作なんじゃが

 この人は夕方のNHKのラジオ番組に出た事が有って此の人の出した本じゃと

 思うての事で手に取って見たのじゃが

 

 この ”いのちのリレー”と言う様に世界では敵と味方に分かれて殺し合う

 其の様な事が日常的に行われている現実が有るのじゃが

 この亡くなった命はパレスチナの十二歳の男の子そうして

 其の心臓を貰い受けたのは殺した側のイスラエルの少女

 この男の子のお父さんは自分の息子の臓器をすべて提供をして

 多くの人の体の中に生きているそうしてこの鎌田医師は此の提供を受けた

 人達に出会い話をしたとのその様なあらすじの話の本じゃった

 鎌田實と言う人の話はラジオで聞いた事が有ったが医師であったと言う事は

 ついつい知らんかったがチエルノブイリの子供達を診察して此の

 パレスチナの子の提供をした人たちにも出会いそうして話もしたとの事

 日本でも臓器提供の話は時として聞くがこれは宗教的にも難しい話で

 この男の子のお父さんの決断には頭が下がる

 

 

 

 狭い日本にいてでさえ此の様な事には出会い難いが世界ではどの様な事

 が起こっているのか殺し合う様な事は日常茶飯時で悲しい事じゃが

 この此の様に両親の思い決断を迫られると言うのは時として話も聞く

 自分の子供の心臓が他人を助けていまも生きているその事を他人事として

 だけじゃあ無しに感じさせられる本じゃった。

 

更新 2017年3月18日 20:51:52

命のリレー

自分や自分の家族、近しい人が臓器移植しか助かる方法がない、と言われたらどうするか考えさせられます。
2017/03/18 22:39:36
りんごさん

 この事は重い事ですよ。
2017/03/19 07:58:35
記事へのコメント投稿
投稿者
(必須)
URL
タイトル
(必須)
コメント投稿
(必須)


※ HTMLタグの挿入はできません。

プロフィール
玉川の天狗
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます
男性
愛媛県

2017年10月
先月次月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

COUNTER: 000293549




RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved