ようこそ りんごのブログへ

プログというものを教えてくれた大切な人は逝ってしまいましたが、日々の想いを綴っていきたいと思います。
2013年3月31日
四阪島海上遊覧ツアー♪ コメント(15)読む・投稿する
花冷えの一日でした。

四阪島海上遊覧ツアーにメダカさんと参加してきました。

宮窪のおっさんプレゼンツ

ガイドは郷土歴史家大成 ケイボンさん

四阪島の大煙突が老朽化のため4月中に解体されます。

上陸は出来ませんが海上からでもいいから一度は見てみたい四阪島、

ついに行って来ました。(・∀・)

かめしかさんウォーキングガールさんのお顔もあります。ヽ(^o^)丿

海上タクシーにて午後1時、宮窪港を出発です。

レトロな海上タクシーですね。

           

資料にいただいた冊子です。

明治時代、新居浜では製錬過程で出る亜硫酸ガスで煙害が発生。

住友は煙害防止のため約20キロ離れた四阪島に工場を移し、1924年に

大煙突を建設しました。

その後の技術革新でガスの中和処理に成功。

鉄筋コンクリート製高さ64・2メートルの大煙突は、煙害克服の象徴と

されています。

この大煙突は3代目だそうです。            

ビックリしました。

四阪島は今治市の行政区に属し、それ以前は越智郡宮窪町だったのです。

そして明神島・美濃島・家の島・鼠島・梶島の5島を総称して四坂島と

いうんだそうです。(美濃島・家の島をつなぐ埋立工事で4島になる)

           

ケイボンさんのガイドはいつも、とても解りやすくて、面白くて魅力的!

勉強になります。(*^^)v

           

大煙突が見えてきました。

           


瀬戸内海の島にも断崖絶壁が・・・

これは精錬のとき出たカス、カラミと呼ばれるもので数キロに渡り続いています。

当時、カラミは海に捨て、一部はレンガとして島内のさまざまな施設などに

利用されていたそうです。

           

ピンク色のモダンな建物は住友家の別荘として建てられた日暮別邸(明治39年5月)

愛媛の近代洋館建築の東の横綱で、西の横綱は、旧久松家別荘の萬翠荘だそうです。

           

海岸いに建っている鉄筋コンクリート製の社宅団地です。

親友のくーちゃんもここに住んでいたのかな?

上陸禁止の札が立てられています。

           

こちらは四阪郵便局

           

もう解体用のクレーンの姿が・・・

大煙突が無くなってしまうのは淋しいものです。

島に住んでいない私がそうなんですから、住民だった人にとっては

尚更でしょう。

心の中からは消えません。

           

無事 四阪島海上遊覧ツアーを終えて村上水軍博物館へ

これがカラミレンガです。

          

な〜んと1個が60キロ(@_@;)

           

なつかしき教室の再現♪

四阪島小学校と中学校は昭和52年閉校になっています。

           

小さな机には

            

その当時のまま黒板が残されていました。

                      
大〜きなソロバンと定規

懐かしい〜

こんなのありましたね。

           

雛人形展が開催されていました。

バリィさんのお雛様ハートたち(複数ハート)

           

遊覧ツアーでは海上タクシーより能島の綺麗桜を見ることが出来ました。

               

宮窪町の沖に浮かぶ能島・・・

2日間だけフェリーが通う能島桜祭は4月6日と7日に開催されるそうです。

           

宮窪のおっさん ケイボンさん

そして参加されていた方々

とても楽しい有意義なツアーをありがとうございました。<(_ _)>

お土産に宮窪のおっさんから美味しいサザエ飯をプレゼント

ありがとうございました。<(_ _)>

次回もまた楽しみにしています。(^。^)

           

5年前の家人 携帯からのお客様

GIGAXの運営や開発等、闘病記を書いて
います。

ランキングがかなり下がってしまいました。

応援のポチッ!  どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m >



袖すり合うも多生の縁

この世で出会う人とはすべて見えぬ糸でつながっている・・・

これだけ多くいる人々の中で、すれ違う程度の出会いであっても、

何度も生まれ変わった上での出会いなのだから大切にしよう、ということわざ。

現在、過去、未来の人々はどれくらいの数になるのか見当も付かないけれど

その中での出会いなのだから大切にしたいな〜

今日も感謝です。

人気ブログランキング

愛媛ブログランキングへ参加しています。応援よろしくお願いします。



1日1回ここをクリックしてね。

更新 2013年4月1日 05:14:36

センチメンタル・ジャ〜ニ〜
旧・麻呂

「 煙突が見えろ? あの島が 四坂島よ 」
今治の小学生は そう教えられて四坂島を覚えました。
以来、 海を眺めては煙突を探し 島の存在を確認したモノです。

島を訪ねたのは一度だけ、 高校2年の時でしたが、
友人の部屋から見た住宅地の風景は 今も鮮明に憶えています。

島の象徴たる煙突が撤去されるのは・・ 哀しいですねぇ!
島は存在しても、 心の風景が消えてしまう。
今治で育った人間は、 って 云うか、
四坂島で暮らす人々を知ってたアタクシ年代の人々は、
たぶん みんな同じ思いを抱くのではないでしょうか。

今も尚、 海辺に立てば いつも四坂島の煙突を探します。

世の移り変わりは常!
こうして書き込むのは未練でしょうが・・・ でも とにかく残念。

煙突が消えた時、 アタクシの何かも消え去る気がしています。

プッ 麻呂が・・・ 語る 語る!


2013/04/01 02:12:33
フッ
麻呂


言葉に酔って・・・ 四坂島と記しましたぁ。

冷静となって 四阪島に訂正!


2013/04/01 02:17:54
そぅだった!
慧竿(けいかん)

今月中には多分
沖合いに浮かんでるだろぅなぁσ(^_^;)

四阪島には
親父が応援に出張で半年ほど住んでて
何度か家族チケットで水船に乗って
遊びに行ったなぁ!!

今じゃアルバイト船頭として
しょっちゅう沖合いにキャプテンとして
漂ってますけどね!(^_^;)
2013/04/01 06:21:11
四阪島

お疲れ様、楽しかったね。盛り沢山のツアーでした。
りんごさんのブログで再勉強しました。
大成経凡さんのアシスタントできますね。

サザエ飯も美味しかった。又、ツアー参加したいです。

めだかさんも優しそうな方ですね。りんごさんのお友達らしい。
宮窪のおっさんも奥さんも素敵でした。りんごさんのブログ縁に感謝です。

煙突もご苦労様!
2013/04/01 08:03:14
四阪も

天狗の生まれる前の事は知らんが

この煙突の高いのは越智郡陸地部に煙害を
起こしてその補償で今の南校昔の越智中が
出来た事も皆さんもう知らん人のおおなった事
其の為に煙突も高くして少しでも
排煙を拡散しようとしての事と思うが
之も時代の流れで古き良き時代でも無かったのか
無くなるのも寂しいが
この煙突も岡側からもよう確認出来
灯台の様な物じゃったが〜〜

2013/04/01 09:13:06
四坂島
moru

四坂島の煙突がなくなるのですねぇ〜・・・
淋しい・・・子供の頃は織田ヶ浜から四坂島を眺めたものです・・
四坂島で中学までいた人に連れて行って頂いた事があります。
海岸に降りて・・びっくりしたのを覚えています。
ありがとうございました。 ほんと・寂しいです。
2013/04/01 09:48:47
ソロバン 定規


 なつかしいです
 特に定規!先生が黒板にあてながら線引きをしたのを
 覚えています
2013/04/01 19:24:39
そうなんですか

新居浜から四坂島に精錬所が移ったのですか。ずいぶん立派な煙突ですね。歴史を残す物ですが、老朽化で壊すんですね。景色が変わってしまうとは、寂しいことですね。その島に住んでいたひとたちにとっては、なおさらでしょうね。諸行無常ですね。
2013/04/01 21:34:52
 センチメンタル・ジャ〜ニ〜          

旧・麻呂さん
コメントありがとうございます。
四阪島に渡られたことがあるのですね〜。
中学まで四阪育ちの友人が2人いるのですが、故郷の大煙突の解体は淋しいと言っていました。
残念ですが心からは消えませんと住民の人が言ってた言葉が印象的でした。
ありがとうございます。
2013/04/02 20:31:42
そぅだった!

慧竿(けいかん)さん
コメントありがとうございます。
慧竿さんも四阪島に渡られたことがあったのですね。
この日も釣り船が浮かんでいました。
上陸禁止の赤い看板が目立ちますね。
慧竿さんにとっても思い出の地なんですね。ありがとうございます。
2013/04/02 20:37:46
四阪島

ウォーキングガールさん
コメントありがとうございます。
宇和島から香川からもたくさんの方が参加されていましたね。
メダカさんがウォーキングガールさんって顔に人の良さが現れていますねって褒めていました。
み〜んないい方ばかりでしょう。
ケイボンさんのツアーはいつも楽しいんですよ。また参加しましょうね。
ありがとうございます。
2013/04/02 20:44:02
四阪も

玉川の天狗さん
コメントありがとうございます。
四阪の歴史など全く知りませんでした。住友だから新居浜の管轄とばかり思っていたくらいです。
大煙突はやはり四阪の象徴で、無くなると思うと一抹の淋しさを感じます。
ありがとうございます。
2013/04/02 20:50:28
四阪島

moruさん
コメントありがとうございます。
moruさんも行かれたことがあるのですね。
織田が浜・東予休暇村からもよく見えますね。
無くなると思うと淋しいものですね〜
ありがとうございます。
2013/04/02 21:00:45
ソロバン 定規

hisanさん
コメントありがとうございます。
懐かしいでしょう〜
小学校の頃を思い出しましたよ。
ありがとうございます。
2013/04/02 21:03:49
そうなんですか

pyapyaさん
コメントありがとうございます。
地震などで崩壊したらいけないと解体するようです。
四阪の象徴ですからここに住んでいた方にとっては淋しいでしょうね。
風景が変わりますね。ありがとうございます。
2013/04/02 21:10:38
記事へのコメント投稿
投稿者
(必須)
URL
タイトル
(必須)
コメント投稿
(必須)


※ HTMLタグの挿入はできません。

プロフィール
りんご
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます
女性
愛媛県

2019年2月
先月次月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

COUNTER: 002011579



ブログフレンズ
ムータンのブログ/ムータン…
★婆娑羅の早雲ブログ/婆娑…
にゃおんの奮闘記/にゃおん…
おもいでの夏
中国八十八カ所巡礼記/中国…
maemuki/ maemuki
GIGAX/GIGAX開発・日々徒然
タピタピ/タピタピのお気楽…
…ときどき自分/家業、主婦…
お馬鹿さん/お馬鹿さん
ぽたのブログ/ぽたのしあわ…
農家ケーキ工房 雲母/・
レモンティのブログ/レモン…
闘病創立/モール設立日記
再々の訪問/こんにちは玉川…
むうむんの独り言日記/むう…
工房マインド[DAN」/工房マ…
Diary Bowwow
まっきー/まっきー農園
けんたのパパ/ けんたのパ…
鯰の独り言/鯰の独り言
ササキ時計店/ササキ時計店…
元気印のきび団子を配りた…
pyapyaの庭/pyapyaの庭
日々是好日/日々是好日
cafeどれBLOG営業日誌。/ca…
イガラ/イガラ
pikaの東京奮闘記!/ 
GIGAX/GIGAX運営日誌
ひまわり日記/ひまわり日記
イクメン日記★子育てパパ育…
MERCIさんのみかん畑
京都三毛猫倶楽部
一本の道
田舎の優歩道
よもだ言いよるけんの〜ぇ
太美吉の楽書
Bowwow Diary
おやじの修行日記
あた子の柿畑日記
慧竿の備忘録
河上不動産のちょっと小耳…
kikusan/きくさんのつれづ…
さゆさゆの美感ダイアリー
暮らし生き生き
もりともバリバリ
日々の出来事
若さを足から取り戻そう
夜明けを待ちながら
総合リサイクルショップ …
もりともの ゆとりぎ暮らし
noranekoxのブログ




人気ブログランキングへ

RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved