ハン・ジュンイルの日中韓山歩記(やまあるき)

3カ国で気ままに登山・トレッキングを楽しみながら書いているブログです。どうぞ気軽にお立ち寄り下さい。
2015年11月5日
▲日中韓山歩記▲ =索引= コメント(12)読む・投稿する
このブログで今までに紹介した山・名所のリストです。

日本の山
(五十音順)
間ノ岳
青葉山
赤石岳
浅間隠山
浅間山
愛鷹山
安達太良山
雨飾山
荒島岳
稲佐山
伊吹山
雲仙岳
雄阿寒岳
恐 山
御 岳 黒沢口濁河口
甲斐駒ヶ岳
開聞岳
笠ヶ岳
葛城山
唐松岳
木曽駒ヶ岳 
北 岳
霧ヶ峰
金峰山
倶留尊山
黒姫山
毛無山
御在所岳
杓子岳
斜里岳
常念岳
縄文杉
白馬岳
祖母山
大 山
大菩薩嶺
高見山
蓼科山
立 山
谷川岳
筑波山
剱 岳
苗場山
那須岳
男体山
農鳥岳
白馬鑓ケ岳
箱館山
早池峰山
磐梯山
燧ヶ岳
火打山
東吾妻山
平ヶ岳
富士山
富士見台
鳳凰山
蓬莱山
穂高岳
巻機山
瑞牆山
宮之浦岳
吉野山
羅臼岳


中国の山
(ピンイン順)
翠華山
Cuihuashan
丹霞山 主峰陽元山
D a n x i a s h a n
峨眉山 金頂中腹山麓
E m e i s h a n
恒 山
Hengshan
黄 山
Huangshan
華 山 自力登山ロープウェー
H u a s h a n
恵 山
Huishan
労 山 巨峰シーサイド
L a o s h a n
蓮花山
Lianhuashan
霊岩山
Lingyanshan
驪 山
Lishan
龍虎山
Longhushan
廬 山 
L u s h a n
三清山 前編後編
Sanqingshan
四姑娘山 長坪溝双橋溝
Siguniangshan
太白山
Taibaishan
泰 山
Taishan
嵩 山 少室山太室山
Songshan
五老峰
Wulaofeng
武夷山 
W u y i s h a n
玉龍雪山
Yulongxueshan
雲台山
yuntaishan
張家界
Zhangjiajie
紫金山
Zijinshan


韓国の山
(カナダラ順)
伽耶山
カヤサン
鶏龍山
ケリョンサン
冠岳山
クァナクサン
金烏山
クモサン
金井山
クムジョンサン
内蔵山
ネジャンサン
大屯山
テドゥンサン
徳裕山
トギュサン
馬耳山
マイサン
道峰山
トボンサン
頭輪山
トゥリュンサン
無等山
ムドゥンサン
蓬莱山
ポンネサン
北漢山
プッカンサン
仏岩山
プラムサン
三岳山
サマクサン
雪岳山 大青峰蔚山岩
ソ ラ ク サ ン
小白山
ソベクサン
逍遥山
ソヨサン
俗離山
ソンニサン
水落山
スラクサン
五峰山
オボンサン
月岳山
ウォラクサン
月出山
ウォルチュルサン
天摩山
チョンマサン
周王山
チュワンサン
智異山 老姑壇パレ峰
チ リ サ ン
雉岳山
チアクサン
太白山
テベクサン
八公山
パルゴンサン


下界散策
(紹介順)
島原半島
鳥取砂丘
木曽路
竹 田
東近江市
大内宿
浄土ヶ浜
湖東三山
長 浜
弟子屈町
屋久島
阿智村

大 同
Datong
青 島
Qingdao
洛 陽
Luoyang
無 錫
Wuxi
西 安
Xi'an

麗 水
ヨ ス
全 州
チョンジュ
江 陵
カンヌン
河回村
ハフェマウル
束 草
ソクチョ
釜 山
プサン
慶 州
キョンジュ
鎮 海
チ ネ


津々滝々
(紹介順)
山梨県
和歌山県
福島県
岐阜県
静岡県


更新履歴
ハン・ジュンイルについて

当ページの素材の多くはこちらから頂きました。
ありがとうございました。

 
2015/03/21 阿智村
2018/01/21 稲佐山
2018/01/12 屋久島
2018/01/06 天摩山
2017/05/23 智異山〜パレボン編〜
2016/05/22 雲台山
2015/10/04 弟子屈町
2015/09/07 雄阿寒岳
2015/09/04 斜里岳
2015/08/29 羅臼岳



▲これまでに紹介した山・名所の一覧▲


★紅葉八十八カ所一覧★



更新 2018年3月22日 22:44:10

光州の人
姜(カン)

始めまして。カンと申します。韓国の光州に住んでいます。無等山と一番似ている日本の山と中国の山が知りたいですね。できれば、その理由もお願いできたらと思います。申し訳ないですがお願いします。
2013/05/07 12:43:35
光州の人・カンさん

コメントありがとうございます。
日本の山でムドゥンサンに似ていると思うのは、ススキの原っぱが広がるという意味では倶留尊山、山の形では立山だと思います。
倶留尊山も立山もこのページのリンク先にありますので、よろしければご覧ください。
中国ではちょっと思いつきませんね。すみません。
2013/05/09 21:47:52
同じ道(趣味)ですね。
輪島(広東省韶関市)

ハン・ジュンイルさん
楽しく読ませていただいています。今月末に「三清山」に行く計画です。次は「四姑娘山」です。
いろいろと教えていただければ幸いです。
尚、私は広東省に仕事で単身赴任中です。私のURLは下記です。
同じ目標と思います。
http://wajima.travel.coocan.jp/
2013/05/15 16:50:13
輪島さん

コメントありがとうございます。
韶関にお住まいなのですね。私も丹霞山に旅行に行った際には2泊した思い出深い地です。こちらこそよろしくお願いします。
URLさっそくブログフレンズ登録させていただき、渡島駒ヶ岳や台湾の玉山など、私もかねてから注目している名山の山行記、楽しく読ませてもらいました。私のブログは輪島さんほど内容的にもレイアウト的にも完成度の高いものではありませんが、輪島さんにご覧頂いていたことを励みに今後も精力的に執筆していきたいと思います。三清山、フォーガールズ、天気さえ良ければいずれ劣らぬ東アジア最高級の山です。是非とも良い山旅になることをお祈りします。
2013/05/15 22:02:22
同じ道(趣味)ですね。
輪島(広東省韶関市)

ハン・ジュンイルさん
ご返事ありがとうございます。
早速ですが、四姑娘山は、都江堰からバスで行きましたか?
正直言って、中国人ツアーに入るか個人で行くか悩んでいます。
先日、都江堰に行ったところ、ここにいくバスがあることを知りました。よろしかったら、教えてください。
Facebookは参加していませんか?
或いはメールアドレスは。私のアドレスは
wajima787@nifty.com
です。
2013/05/16 10:27:10
輪島さん

コメントありがとうございます。
Facebookも参加しておりますが、あいにく今職場で個人メール等が見られませんため、ひとまずこちらにコメントさせていただきます。
私は成都の茶店子バスターミナルから小金行きのバスに乗りました。当時は震災1年後だったので右回り(臥龍経由)の道が使えず、都江堰からさらに山側へと向かうバスはほぼ全て運休でした。
おそらく今は復旧しているはずなので、都江堰から4時間ぐらいで行けるのではないでしょうか。私もそうしたかったのですが、私の場合は超遠回りの左回り(丹巴経由)で小金まで13時間、そこから乗り合いで四姑娘山のふもとまで+2時間かかりました。
2013/05/17 08:28:35
今年恒山を登り五岳達成予定
Masa

ハン・ジュンイルさん
このサイトを辿り着き大変うれしくて興奮しています。
仕事の合間をみて夏に予定しております恒山山行の情報を探しておりましたら、ハンさんのブログに行き着きうれしくなりました。数無錫に赴任した時から決めていた五岳を全て徒歩で踏破することを始めましたが、恒山を登れば五岳踏破になります。
恒山について後日まとめて質問をしますので教えてください。
ハンさんの数には到底及びませんが、私もアメリカ カリフォルニア州、日本、中国、香港の山歩きをして来ました。今までの山行記録を参考にさせて貰い もっと中国の山歩きを楽しみたいと思います。
2013/06/06 16:16:47
Masaさん

コメントありがとうございます。
まだまだ参考にしていただけるほどの山行記録にはなっていないかも知れませんが、そうおっしゃっていただき光栄です。無錫から中国各地の山々を制覇されていたのですね。素晴らしいです。距離的にアクセスがかなり大変だったとお察しします。最後の恒山は特にそうなるでしょうが、ぜひ思い出深い旅になりますことを祈っております。
私はあと衡山を登れば五岳踏破ですMasaさんにはだいぶ後れを取ることになると思いますが、なるべく早めに達成したいです。
メールアドレスも私のPROFILEページで公開してありますので、ご質問がありましたらどしどしお寄せ下さい。私の知り得る限りのことは全てお答えさせていただきます。
2013/06/08 21:28:53
拙者も登って来たでござる(1)
サムライ

2014年2月3日 韓国にて初登山、、、現在、自宅がソウル(南山の中腹にあります)なのでどうも雪景色に囲まれた山々を観たかったこともあり先生の最新の情報をブログにて確認し太白山を選びました。お陰様でハン先生のブログの情報にてアイゼンなど準備万全に出掛け、そして最高の時間を楽しむことが出来ました。「ありがとうございます」 また、日本人である私にとって日本の山々とも比較出来ることや、日本語での情報などは韓国にいる日本人にとって次の山選びが楽しくなるぐらい有り難いです。これからも、ハン先生のブログをどんどん参考にして韓国の山々に出掛けたいと思っております。
 そして、アクセス数がちょうど「88888」だそうでキリ番です!とお祝いまでされました。縁起が良い番号でなんか嬉しくなってきました。
 他のリンク先では、韓国内でのマラソン大会の情報なども、これも個人的にはかなりマッチしているので早速僕も申し込みたくなっちゃいました(笑)
 それでは、また報告させて下さいませ。
2014/02/11 19:16:04
サムライさん

コメントありがとうございます。
せっかくお褒めの言葉をいただいたのに、レスが遅くなり申し訳ありませんでした。
私のブログを少しでも役立てていただけたなら、まさにブロガー冥利です。韓国の山々はどこもアクセスが良くて一年中楽しめるのがいい所ですね。ぜひ今後も多くの山旅を楽しんで頂いて、逆に色々と教わりたいです。今後もどうぞよろしくお願いいたします。
2014/03/16 21:30:57
登山用ストックの持ち込みについて
ASIANBLEEZE

ホームページ拝見させていただきました。
韓国へは何度も足を運んで登山しましたので問題ないのですが、
中国へは登山目的で入国したことはありません。
中国への登山ストックの持ち込みはビザなしでも
可能でしょうか?
2014/12/16 10:46:41
ASIANBLEEZEさん

はい、機内持ち込みだと微妙ですが(アイゼン同様に凶器とみなされる可能性があるので)、手荷物預かりの方に入れておけば問題ないと思います。ビザは関係ありません。
また、三清山や華山などでは登山口にストック売っている店があったり、売り子の人がいたりしました。値段は30〜50元ぐらいです。
また、中国の名山はほとんど、山頂まで石段・石畳が続いている所ばかりなので、ストックはさほど必須アイテムではないように思います。
2014/12/16 23:07:04
記事へのコメント投稿
投稿者
(必須)
URL
タイトル
(必須)
コメント投稿
(必須)


※ HTMLタグの挿入はできません。

プロフィール
ハン・ジュンイル
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます

2018年5月
先月次月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

COUNTER: 000275514






RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved