ハン・ジュンイルの日中韓山歩記(やまあるき)

3カ国で気ままに登山・トレッキングを楽しみながら書いているブログです。どうぞ気軽にお立ち寄り下さい。
2011年8月13日
=韓国の山013= 金烏山(クモサン) コメント(2)読む・投稿する



 慶尚北道の亀尾(クミ)市にあるクモ山は、標高1000m足らずの一見小さい山ですが、道立公園に指定されているだけあって山容や景観が美しいうえ、その気になれば亀尾駅から歩いて登れるほど市街地に近い所にあり、健康維持目的の地元客も交じって登山道はいつも賑わっています。ちなみに山名の「金のカラス」とは太陽の光のことを指す言葉だそうです。
 私が当地を訪ねたのは、ちょうど山頂部で紅葉が始まった初秋。天候にも恵まれ、文字通り「金色」の山行となりました。



 【登山日:2009年9月22日】

 夜行列車に乗って移動したため、私が登山口に着いたのはまだ真っ暗な午前5時半ごろでした。それなのに、既に人影がちらほら目に付きます。早朝ウォーキングとしてクモ山を活用している地元民のようです。きれいに整備された階段を上がっていきます。

 日が明けてくると、北側のクミ市街地側に、実に美しい雲海が広がっていました。



 切り立った崖が見えてくるようになると、もう中腹を越えたあたり。色とりどりの植物も観賞でき、紅葉も目立ち始めます。


 山頂のすぐ下にある「東国第一門」の手前までやってきました。門の両側にそびえる断崖に圧倒されます。



 そしてこちらが山頂の懸月峰(ヒョノルボン)で、標高976m。眼下には韓国国営放送・KBSの中継基地が見えます。


 登頂を果たした後は、下山道と反対側にある東国第一門をくぐり、薬師殿(ヤクサジョン)という小さなお寺がある場所まで崖を下りました。ここの景観は最高でした!


 陽が差してくると、薬師殿と対面の崖が美しく映えました。
 山頂から少し足を伸ばせばこんなに素晴らしい所があるのに、ほとんどの登山客たちは気づいていないのか、辺りは全くもって閑散としていました。



 下山中、少し脇道にそれた所に「磨崖菩薩立像」があるというので、訪ねてみました。
 白いハスのような花に囲まれて、まさしく崖と一体化した色合い・姿で立っていました。


 行きは真っ暗な中を登ってきましたが、帰りはご覧の通り、クモ山の山並みや植生の美しさを存分に堪能しながらの下山でした。




 登山時には全く気づかなかった、海雲寺(ヘウンサ)という寺院や金烏山城(クモサンソン)の砦の門、それに石を積んで作られた塔・トルタプなど、道中には見どころがいっぱいでした。 



 登山口付近は美しい樹林帯に包まれ、駐車場からはクモ山の勇壮な山容が一望できました。




 エレクトロニクス産業を中心とした製造拠点が集積しているクミ市。その工業団地からも、南へと目をやるとこの山が美しい姿でそびえています。私も、とあるクミ市内の出張先でクモ山を初めて仰いだ時、やはり山の魅力は「身長順」ではない、標高の高低だけでは推し量れない魅力があるものなんだなと感じました。
 クモ山はまた、地元出身の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の直々の指示により、韓国で初めて環境保護活動が始まった山とも言われています。
 小粒でもピリリと光る存在感・・・。今後ますますそんな山になってもらいたいものです。


▲これまでに紹介した山・名所の一覧▲


★紅葉八十八カ所一覧★



更新 2018年1月30日 23:03:20

クモ山

標高1000mということで一般の登山者も多いでしょうね。
「磨崖菩薩立像」ふっくらとしたお顔なんですね。
そばの白いお花が綺麗です。
素晴らしい山なんですね〜
2011/12/24 21:10:01
りんごさん

 コメントありがとうございます。
 磨崖菩薩立像、ふっくらぶりもさることながら、表情が絶妙です(笑)。こんな苦しげな顔は福州の開元寺で見た空海さん以来でした(笑)。
2011/12/25 00:19:32
記事へのコメント投稿
投稿者
(必須)
URL
タイトル
(必須)
コメント投稿
(必須)


※ HTMLタグの挿入はできません。

プロフィール
ハン・ジュンイル
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます

2018年2月
先月次月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

COUNTER: 000265956






RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved