GIGAX開発・日々徒然

GIGAXの運営や開発等、あらゆる内容を書き込みます。
2008年1月25日
病院へ通院 コメント(1)読む・投稿する
本当なら昨日が通院の日。

でも、昨日はPET-CTを受けるために松山まで行っていたので、通院は、今日に繰り越し。

抗がん剤の点滴前に、いつものように血液検査。

血圧 53-103(まずまず)
白血球 63(いいぐあい)
赤血球 381,ヘモグロビン 12.4,ヘマトクリット 37.6(相変わらず、貧血状態)
血小板 12.9(低い状態)

Baso,Eo,Lymp,Mono,総蛋白は、いい具合。

総合的にみて白血球の量は、問題ないですね。
赤血球は、いつものごとく、低い数字で、貧血(前は、「ぎみ」とついていたんですが、このごろ貧血となったみたいですね)

血小板が、12なんですが、まあ、大丈夫だろうということで、抗がん剤の点滴を受けました。

次回は、抗がん剤の点滴がないので、数値が減っても、まあなんとか体は持ちそうですね。


昨日、がんセンターに行ってきたんですが、そこで、全員に共通の性格を見つけてきました。

そうなんです。がんセンターで検診待ちをしている人たち。すなわち、癌を持っている人たちの性格なんですが、同じような感じの性格なんですね。

今日も点滴を同じように受けている人たちも、同じような性格。

医学的には認められないでしょうが、私の中の統計的には、ほぼ100%ですね。




ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2008年1月25日 12:15:15

登録タグ 通院 がん患者 共通

2008年1月24日
PET受けました コメント(1)読む・投稿する
PET-CTを受けに、松山にある四国がんセンターに行ってきました。

結果は、後日、担当病院の方へ郵送されるとのこと。

結果がわかるのは、来週あたりになりそうですね。

PET-CTは、癌を発見するいい手段なんですが、検診目的だと保険が適用されず、10万円となります。

私の場合は、すい臓がんなので、これの治療目的が含まれるので保険がききました。

それでも、2万円ちょい。

PET-CTを受ける場合には、「がん」と分っている場合の場祖を特定するときに使用されます。

もちろん、自費で検診目的にされてもかまいません。

PET-CTは、放射性物質を含むため、まず、履物をかえ、服も着替えます。

院外へ、放射性物質を持ち出さないための工夫ですね。

それから、注射を受けて、1時間ほど安静にしておきます。

もちろん、読書やおしゃべりも禁止されています。

その安静時間に、CTがよく見えるお薬入りのお茶を1時間かけて飲みます。

検査自体は、20〜30分ぐらい。

その後、15分ほど休んでから、帰る許可がでます。

受付てから、病院を出るまで約2時間ほどかかります。

どんな結果がでるんでしょうね。



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2008年1月24日 19:25:52

登録タグ PET-CT 放射性物質 安静

2008年1月24日
明日はPET コメント(1)読む・投稿する
明日は、国立がんセンターにPET-CTの診断にいってきます。

そこへ行くまでには、山越え2ルートと海岸沿いの合計3ルートがあります。

雪や凍結の心配ない海岸沿いを通るといいんですが、けっこう遠回り。

遅れることがあまりできないので、しかも、次の機会となるといつ取れるかわからないので、いいルートを考え中。

まずは、高速道路で、行きましょうか。

高速道路は、凍結してたりすると、早めに入口が閉まるし、警告の表示もするので、安心ですね。

それが、ダメだったら、国道11号線に向かい、混雑しているようだと、鈍川方面へ出て、それでもだめなら、大西に抜けて、海岸沿い。

これで、決定ですね。

超。ローカルな話。

まあ、たぶん、大丈夫でしょう。

明日は、朝食抜き。昼も抜くので、今のうちに、ビールでも飲みましょうかね。


ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2008年1月24日 00:43:05


2008年1月17日
闘病日誌(27) コメント(3)読む・投稿する
今日は、通院の日。

ちょくちょく、寄ってくださる方。毎度、ありがとうございます。

初めて訪問された方のために

去年の今日。すい臓がんの摘出手術をしました。
すい臓だけでなく、胆管、胆のう、胃の出口付近、静脈、十二指腸など、執刀医が思ったより転移が多いため、12時間にも及ぶ手術をしたんです。

一応、手術は成功し、目に見える範囲の摘出は、無事終了。1年たっても、傷の痛みやおかしなところは見当たりませんね。私にとっては、名医です。

ただ、目に見えない癌は、体内に残っており、おそらく、住処を探して体中を駆け巡っているんでしょう。

これをやっつけるために、抗がん剤を点滴で受けています。
今は、無事、抑えられているみたいです。


【今日の血液検査】
今日は、うれしいことに、血圧が121になりました。看護師と話したんですが「初の120台」みたいですね。
いつもは、90付近をうろうろしているんですが、何があったんでしょうね。
(ちなみに、看護師は、男性です)

白血球 37(正常範囲は、33〜90なので、ぎりぎりセーフ)
赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリットは、正常範囲に届かず。いつものことです。
血小板もまずまずあります。
Mono(単球)は、少し低め。

血圧があるので、たぶん、貧血状態からは脱出できたかもしれないですね。
ただ、白血球のほうが下がってきているので、風邪引きには注意ですね。

今回は、ガンの腫瘍マーカーの検査も行いました。
癌があれば、値が増える便利なバロメーターです。
腫瘍マーカーは、2種類あり、CEAとCA19-9といわれるもの。
主にすい臓がんの値を見るものです。

項目2007/02/222007/05/242007/07/192007/10/182008/01/10
CEA1.81.21.20.91.3
CA19-930.58.38.47.916.3


前回に比べ、やや数字が上がったかのように見えますが、基本的には正常範囲内です。
ただちに問題があるレベルではありませんね。

次週は、四国がんセンターのほうでPETの検診。なので、ガンの抗がん剤投与は、日付をずらして翌日の25日に行います。
2日連続で、病院となりそうですね。
PET-CTで行う点滴って、体がだるくなるんですよね。
その次の日も抗がん剤点滴で、体が重くなるんです。
たぶん、ふらふら状態になりそうですね。
木・金曜日は、休業でしょうね。



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2008年1月17日 18:35:49

登録タグ 通院 血液検査 抗がん剤

2008年1月11日
PET-CT画像 コメント(1)読む・投稿する




【PET-CTとは】

体を輪切りにして、その内容を見ようとういうのが、CTスキャンです。
ただ、普通の状態では、鮮明に見えないために、体の中に見えやすい薬品を入れます。

その薬品が光ったかのように見えるんです。



癌細胞は、増殖を行うために、大量のエネルギーが必要です。

いわゆる、大食漢なんです。ギャル曽根ちゃんみたいですね。

その食べるエネルギーがアミノ酸なんですね。

放射能物質を大量に含んだ、アミノ酸というエサを体内にいれると、癌細胞が食べはじめるんですね。

これを利用して、写真に撮ると、癌の場所がなんとなくわかるというものです。



上側の画像は、頭部と右脇腹が赤くなっています。
脳は、活発な場所なので、大量に食べちゃうから赤いんです。
右脇腹のあたりの赤いのは、おそらく、リンパ節でしょう。

リンパは、体中をめぐる血管みたいなものなんですが、所々で、こぶ状の塊があります。これがリンパ節。リンパ節は、体内にたくさんあるんですが、そのほかのリンパ節は、大丈夫みたいですね。



下の画像は、体の輪切り。
左の中央部寄りに赤い点があります。
おそらくこれは、肝臓のあたりになりますね。
肺、胃と連続で写真がつながった後あたりなので、胃の下部で裏側になります。
すい臓かもしれませんね。

それより、右上にぽっかり空間があいてます。
あれは、胃の下部から十二指腸あたりを、ごっそりととっているので、がらんどう状態です。
こっちのほうが、なんだか、興味がわきますね。



ちなみに、写真を自分で素人判断で解説しているので、正しいかどうかはわかりませんよ。



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2008年1月11日 01:14:30

登録タグ PET-CT  がん

2008年1月10日
闘病日誌(26) コメント(1)読む・投稿する
今日は、抗がん剤の点滴を受けに、病院へ。

11ターンの第1回目。

抗がん剤は、週に1回受けに行っています。
3週間すると、1週間のお休み。これを繰り返して、現在11ターン。

いつものように、抗がん剤の点滴前に、血液検査。

血圧:102 - 52 (なかなかいいぐあい)
白血球:57 (正常。平均的な値。これも、いい具合)
赤血球:354 , ヘモグロビン:11.7 , ヘマトクリット:35.4
(赤血球軍団は、正常値に届かないが、まあ、いつもこんなもの)
血小板:36.2(正常値より高いぐらいまで回復)

血液は、ほとんど正常。

今回は、PET-CTを受けに行くため、腫瘍マーカーも検査したみたい。
結果が出るのは、来週になるでしょう。

今月の24日に、四国国立がんセンターに、PET-CTを受けに行きます。
癌の場所がはっきり映るいい機械です。
主治医と話したわけではないのですが、主治医も私もおそらく、大きな変化はないだろうと思っています。

前回PET-CTを受けたのが、2007年3月14日。
その時に判明したのが、肝臓とリンパ節(映像的にはたぶん、右脇腹あたり)に、癌がありました。

それからは、腫瘍マーカーの変化はほとんどないので、抗がん剤で抑えられている状態ですね。

PET−CTを撮りに行って結果が出るのは、今月末あたりでしょうかね。
まだまだ、先の話です。



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2008年1月10日 20:09:06

登録タグ PET CT 腫瘍

2008年1月5日
闘病日誌(25) コメント(1)読む・投稿する
今日は通院の日。
抗がん剤の投与は、休みの週なので、血液検査と問診を受ける。

白血球は、73と回復し、良好。
Mono,Lympも回復。
白血球軍団は、まずまずといったところ。

赤血球は、398。正常下限が400なので、あとわずか2のところまで回復。
だけど、1年間。この値を超えたことがない。おそらく、今日の値が最高値。

血液は、まずまず安定状態なので、現在、普通の人並。
正月前後に、けっこう食べたので、それが良かったのかもしれないですね。


主治医との問診では、そろそろ癌検査のお話。
PET-CTの予約をお願いしました。
10日には、いつ頃受診になるかがわかります。
それと、胸のあたりが時々「きゅー」となるので、その問診もしました。

狭心症の疑いの可能性(かなり確率は低いと思う)があるかも、しれないので、お薬をもらいました。たぶん、飲むことはないと思いますが。

本日もらった薬は、5種類。

パリエット錠 :胃と十二指腸用
ナウゼリン錠 :胃と吐き気止め
デパス錠   :緊張興奮緩和
アモバン錠  :寝付き用
ニトロペン  :狭心症の発作抑制

ほぼ、忘れることなく、飲んでいます。


ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2008年1月5日 16:41:25

登録タグ PET CT 

2007年12月20日
闘病日誌(24) コメント(1)読む・投稿する
本日は、抗がん剤の点滴の日。
抗がん剤の点滴前に、例の血液検査。
血圧は、64-103(ふだんより高め)
白血球 51(正常範囲内)
赤血球 362(低い)
ヘモグロビン 11.8(低い)
ヘマトクリット 36.0(低い)
血小板 35.4(正常。やや高め)
Neut 25.1(低い)
Lymp 70.0(高め)
Eo 0.4(低め)

この結果を見て主治医は「あいかわらず、貧血ですが、だいじょうぶでしょう」とのこと。
Neutが下がってきているし、Eoも低めなので、感染症になりやすそう。

赤血球の数が低く、血圧も弱いので、全身に酸素が不足している。
これは、普段でも感じられる症状。
白血球の数は、普通どおりあるのだが、機能が低下している。
人ごみには、要注意といったところか。

別な患者さんがいて、その人には「人ごみをさける」とか「うがいをしろ」とか風邪にならないように警告しているのに、私は数値見て自分で判断してね。という感じ。

抗がん剤を点滴した日は、相変わらず、体が重く感じる。
今日は、お昼寝ですね。

いつもは、ここに、人気ブログランキングの投票のクリックを入れてたんですが、いつもいつもするのは、面倒なので、ブログパーツへ、移動いたしました。
と、いうことで、ブログランキングへの投票をお願いいたします。


ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2007年12月20日 12:42:51

登録タグ 抗がん剤 Neut 貧血

<前ページ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
プロフィール
GIGAX
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます
男性
愛媛県

2019年7月
先月次月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

COUNTER: 000456701






ブログランキングに参加しています。 ↓↓クリックをお願いします。




Firefox3 Meter バリブロ会 - GIGAX開発・日々徒然 バリブロ会 - GIGAX開発・日々徒然
RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved