GIGAX開発・日々徒然

GIGAXの運営や開発等、あらゆる内容を書き込みます。
2009年2月26日
闘病日誌(20090226) コメント(5)読む・投稿する
闘病日誌なるものを書いて、ずいぶん、日が経ちましたね。

いつものごとく、通院。
受付番号は、50番。これってキリ番でいいのかな?まあ、ジャストの数なので、ラッキーには、ちがいないか。

血液検査をしてから、ベットにごろり。

今日の血液結果
白血球 201(2万超えなので、体がだるい)
赤血球 274(ずいぶんと下がってきています。貧血レベルを通り越す勢い)
CRP 4.7(これもちょっと体がだるいです)


「体がだるく、倦怠感があって、動くと疲れます」と血液結果が言っています。


そうそう、前回の血液検査で腫瘍マーカーの値をとっていたので、掲載してみました。

検査日CEACA19-9
2007年02月22日1.830.5
2007年05月24日1.28.3
2007年07月19日1.28.4
2007年10月18日0.97.9
2008年01月10日1.316.3
2008年04月28日4.4141.8
2008年07月17日19.6689.2
2008年10月16日268.69311.0
2008年11月20日934.029892.0
2008年12月18日2961.0105849.0
2009年01月21日10026.0118973.0
2009年02月19日18485.0162397.0


腫瘍マーカーは、上昇。

癌が活動しているのが分かります。

逆に言うと、抗がん剤は、効かなくなってしまいました。

そこで、主治医と相談。

で、結果は。


抗がん剤投与はやめて、ケア段階に突入します。

すなわち、体に現れてくる、さまざまな症状にあわせて、抑えていく。

痛みはほとんどないので痛みに対する緩和ケアは、今は必要ないかもしれません。


今日から「最終コーナー」を曲がったといったとこでしょうか。

通院も飛び週で通うことになりました。
おたんこナースといちゃいちゃする回数が減りそうですね。


今日のお昼は、おそらく、ざるそば。
夕食は、おそらく、ハンバーグ。



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年2月26日 11:48:00

登録タグ 緩和 ケア

2009年2月19日
闘病日誌(20090219) コメント(2)読む・投稿する
今日は抗がん剤をしない休薬日なので、ちょっと遅めの通院。

血液検査をして、問診待ち。

待つこと、1時間20分。

検査項目30項目中、異常値が出ているのは13項目。

前回とほぼ同じ。

CRPが、3.4と下がってきているので、一週間前と比べるとやや体は楽になっている。

まあ、ほとんど、先週と変わらずです。

今回から変わった点といえば、緩和ケアに突入したぐらいでしょうか。

今日から痛み止めの薬が処方されました。




ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年2月19日 12:51:12


2009年2月12日
闘病日誌(20090212) コメント(13)読む・投稿する
最近外部から訪れてくださる方も多いので、これまでの経過を簡単に。

2年ほど前の12月に、黄疸症状が出て、急きょ病院へ、そのまま入院。
おそらく、胆管癌だといわれ、手術をすることに。この手術は、12時間もかかる大手術に。
胆のう、十二指腸は、全摘出。胃、膵臓など一部も摘出。
すでに、あっちこっちへ転移していたんですね。ただ、リンパか血液によってがん細胞は運ばれているんです。
手術後の、平均生存期間は、11ヶ月。
これは、とっくに過ぎてしまいましたね。
現在は、癌末期の進行中(おそらくステージは4bになっていると思います)
まだ、正確な余命は出ていませんが、自己判断では2ヶ月ぐらいだろうと。


今日は、抗がん剤を受けるために病院へ通院。
受付を済まして、いつものようにいつものベッドへ。

血液検査をして、異常がないことを確認して抗がん剤投与開始。

いつも、主治医は「やりますかね」と私に最終判断をしてくるんです。
今回は、白血球と血小板の値がどうなるかの予測。
それで、まあ、大丈夫だろうということで、抗がん剤をすることに。
今回の抗がん剤は、来週のデータを取るために行うようなものですね)

白血球 235(2万越え。抗がん剤の副作用で下がっているので、実質はもっと多いのかも)
GOT,GPT,LDH,ALPこれら、肝機能を見るための数字。全部基準値越え。おしっこが黄色くてにおうんですよね。
血小板 16.7 この数字は安全圏内。ただ、今日からぐっと減り始めます。

現在、肺と肝臓に癌が転移。おそらくそのほかにも転移しているものと思われますが、目立った症状はありませんね。

主治医とお話したのは、入院のきっかけ。
私は、肝臓の悪化が原因で入院かと思って、そのへんを聞いてみました。
主治医は、血小板の数字が気になるようですね。

いわゆる、造血障害での入院がきっかけとなるんじゃないかと。

と、いうことは、純粋に数字だけで判断がつくという可能性がありますね。

その辺が分かるのは、再来週ぐらいでしょうか。


今日の夕方ぐらいから、火曜日あたりにかけて、抗がん剤の副作用で体が重くなります。年齢でいうと、85歳〜90歳ぐらいのおじいさんのような感じでしょうかね。
パソコンしたり、テレビ見たり、新聞読んだり、鼻くそほじったりと生活には支障はないんですが、体が重くなるので、1週間ぐらいはパジャマ戦士でいる予定です。
家に来てもかまいませんよ。どうぞ、どうぞ。

私最近面白いことを考えているんです。
自由に好きなものを食べられる期間もあと少しと思って、食べたい食事の順位付けを考えているとこなんです。
そこで、こんな晩飯を考えているんです。(女房殿。まだ、実施しないでね。)

カレーうどん。ややお汁の多いタイプ。おかずは肉じゃが。酸味の利いたジュースがデザートがわり。

コロッケ。肉の量は少なめの普通のコロッケ。もちろん、キャベツの千切り。ソースは、中濃タイプにちょっとだけケチャップ。デザートはパイナップル。

牛丼。吉野家の牛丼に、吉野家の七味。吉野家の紅しょうが。行くことはできないかも知れないので、お弁当で。家で、生卵を加えて、むさぼり食う。デザートは当然なし。

たこ焼き。電気式のを持っている人に来てもらって、家でたこ焼きパーティ。

細かく書くと時間がかかるのでこの辺からはメニューだけ

チキン南蛮。
豚しょうが焼き。
白菜と豚バラをはさんで、煮込んだやつ。
すき焼き。
お好み焼き。
握りすし。
いなりずし。
太刀魚の塩焼き。
チキンライス。
ハヤシライス。
厚めの牛ひれステーキ。
UFO焼きそば。
酢豚。
餃子パーティ。
・・・・
などなど。


あれ?これって、闘病日誌になっていない気が・・まあ、いいか。


ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年2月12日 12:14:46


2009年2月5日
闘病日誌(20090205) コメント(6)読む・投稿する
毎週木曜日恒例の通院日。

やはり、風邪やインフルエンザがはやっているのか、朝から人数は多め。

血液検査を終えて、そのままベッドで抗がん剤の許可待ち。

血液の結果

白血球 232(これを2万越えと表現してました)
問題は、この白血球ですね。
30項目中14項目が基準値外の値。

主治医は「抗がん剤やめますか?」
私「体力的な問題ですか」
主治医「そうです。起きて歩けますか?」
私「それなら大丈夫です」
私「たぶん、来週あたりの体力大丈夫だと思いますよ」
主治医「それならしましょうか」
ということで、私が押し切り抗がん剤をすることに。

起きて歩けますか?と聞いてくるということは、他の人たちはどうゆう生活をしてるんだ?
と、言いつつ、私もゴロゴロ多いんですけどね。

今日から、再び抗がん剤を受けることになりました。
今晩あたりから、体力がぐっと下がってくるんでしょう。

家にいることが多くなりそうですね。
次に出かけるのは、23日ごろかもしれませんね。

用事がある肩は、直接家にでも押しかけてくださいね。
事前に連絡しなくてもいいですが・・・
私へ連絡(携帯)にしても、2〜3日に一度しか開かないから、自他の電話へどうぞ。
住所や電話番号は、GIGAX内で公開してますからね

そうそう、りんごへ

6日朝食 塩の利いたコンブ入りの俵型おむすび1個+コーヒー+栄養ドリンク
6日昼食 ケチャップ多めのやわらかいスパゲッティ+グレープフルーツジュース
6日夕食 ツユ多めの卵なしカツどん+ラッキョウ2個+グレープフルーツジュース



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年2月5日 12:39:18


2009年1月29日
闘病日誌 コメント(2)読む・投稿する
抗がん剤の治療のため、今日も通院。

本当の予定では、休薬日で問診だけなんですが、どうも主治医はできる限り抗がん剤治療をやりたいらしいですね。

先週から今週にかけて、インフルエンザで大ダメージをくらっていたために、

どうしようかということで。

まずは、血液検査。

白血球 196(けっこう高い数字です。体内の癌が何らかの影響をしているのは明白)
CRP 4.8(これもやや高め。)

血液検査が合計で、30項目あるんです。
白血球、赤血球、血小板、肝機能、その他もろもろ

このうち、基準値を下回っていたり逆に高くなっていたり。すなわち異常値と表示している項目は、13項目に上ります。
そして、それぞれが、徐々に悪化していっているんです。

体は、だるくなっていますね。

そうそう、先週腫瘍マーカーの検査を受けたのでその報告。

検査日CEACA19-9
2007年02月22日1.830.5
2007年05月24日1.28.3
2007年07月19日1.28.4
2007年10月18日0.97.9
2008年01月10日1.316.3
2008年04月28日4.4141.8
2008年07月17日19.6689.2
2008年10月16日268.69311.0
2008年11月20日934.029892.0
2008年12月18日2961.0105849.0
2009年01月21日10026.0118973.0



CEAの値が1万に達していますね。
この値で歩いている人は、とても珍しいんじゃないでしょうか。
CA19-9の値は、あまり伸びていませんね。
まあ、限界値付近といったところなんでしょうか。

今日も主治医が来て。
主治医「白血球高いですね。血小板は戻っています。抗がん剤しますか?」
私「体力的に、無理かも」
主治医「そうですね。インフルエンザでずいぶん体力使っていますからね」
私「今回、パスします」
主治医「じゃ、そうしましょう。来週からということで」

と、いうことで、来週から再び体が重くなることに。

今現在の体のだるさは
「3Kmのランニングをして、ゴールに入った瞬間」ぐらいの体のだるさが、24時間、間を開けることなく続いているような状態。



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年1月29日 14:02:00

登録タグ 腫瘍 マーカー 抗がん剤

2009年1月23日
闘病日誌(20090122) コメント(6)読む・投稿する
今回、がん治療中にインフルエンザにかかりました。

病院での受付番号も、422番。こりゃ、お医者さんも看護師も忙しいでね。
体力蓄えて、もうちょっとの期間がんばってくださいね。

今回は2つのテーマ。
一つはインフルエンザ。
もう一つは、抗がん剤治療のこと。

まずは、インフルエンザ。
インフルエンザには、A型とB型がありますが、怖いのはA型。
感染力が強く繁殖も強いので、子供や年寄り、また、病気中の体にはとても負担になります。

インフルエンザの予防には、湿度を高めること。基本的には空気感染になるので、これを防ぐのです。
この前、町田の病院で爆発的に感染しましたね。あれは、湿度が足りなかったんだろうと思われます。

「ここは、ジャングルか!」と思うぐらいの湿度と温度があれば、インフルエンザも生きていけません。

もしインフルエンザにかかったら、鼻の奥の粘膜等から感染しているかどうか調べることができます。

私が通っている今治済生会では、20〜30分ぐらいで結果がでるので、その日に対応するお薬がでます。

インフルエンザのA型には、香港A型とソ連A型の大きく2種類に分けられます。
この2種類とB型に対応するためのワクチンを3種混合ワクチンといいます。

今回の3種混合ワクチンは、あまり効果がないかもしれません。
ワクチンを接種したからといっても、かかる可能性が大きいんです。

対処するお薬は、タミフルかリレンザのどちらかになると思います。
タミフルの方が、カプセル式で飲めばいいだけなので、扱いが楽なんですが、ソ連A型のタイプのほとんどは、タミフルに対して耐性を持っているため、リレンザの薬を使うことになります。

この2つの薬は、予防効果もあるお薬。
まだ、発症していない場合に飲んでも大丈夫なお薬です。

いや〜今回は、39.5度は到達したでしょうね。
かなり熱が出ましたね。



で、こんどは、抗がん剤治療のお話。

今週行った目的は、血液を検査するだけ。
注目する点は、白血球の量と腫瘍マーカーを検査するためなんです。

インフルエンザにかかっているなか、いったもので、血液を取ったあと、しばらくして、下痢。気分も悪くなり、看護師(かずちゃん)にヘルプ。

かずちゃん「どしたん、真っ青」
おたんこナースB「顔色よくないね」
主治医「顔色すごく悪いね」
おたんこナース「・・・」

どんな顔色か写真に取っといて欲しかった・・

主治医が「おしっこしたら、ふらつかない?」と言う。

たぶん「脳貧血」のことを言っているんだと思うが、大丈夫。

で、別部屋で隔離されながら(インフルエンザなので)、診察受けることに。

白血球 177
高いですね。これってたぶん、危険状態かも。でもインフルエンザの影響かも知れないですね。

赤血球 348
ヘモグロビン 10.7
ヘマトクリット 33.5
この3つは、バランスよく下がっているので、異常な貧血ではなく、正常な貧血。

血小板 9.4
血が止まりにくいですね

GOT,LDH,ALPなど肝機能の値も、ますます悪くなっているような気がしますね。

CRP定性 3+
CRP定量 4.3
体の中で炎症が発生しています。
CRPは、前回とほぼ同じ。インフルエンザごときでは、変化しなかったんでしょうか。

腫瘍マーカーは、時間がかかるため、数字が見られるのは、来週になりますね。

そうそう、最近、インフルエンザの影響もあるんでしょうが、特定の食べ物を食べると急に気分が悪くなりますね。
卵を使った料理。
乳製品を使った料理。


そうそう、看護師さん、迷惑をおかけしましたね。
今考えれば、あれは、インフルエンザというより、貧血だったんですね。
血圧と赤血球から考えると、あとは、ポンプの量の問題ですね。
足を鍛えなければ・・

まだ、微熱があるので、誤字脱字が多いかも・・ゆるしてね・・
では、ちょっと横になります・・


ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年1月23日 14:38:22


2009年1月15日
闘病日誌(20090115) コメント(6)読む・投稿する
毎週木曜日は、通院DAY。

今日も朝から、病院へ。

受付番号は、127番。朝のあの時間帯にしては、やや多いほう。

今日は、混雑しそうかな、と思いながら、診察窓口へ。

おたんこナースの笑顔をみながら、ベットへごろり。

いつものように、血液検査。

結果がでるまで、うとうと。

血液状態が良ければ、抗がん剤の点滴が受けれるが、はたして。

白血球 128H(基準値以上。高すぎですね。でも、前回に比べて減ってきています)
赤血球 332L(低すぎますね。血圧は、97−47でした。これは、貧血という病気ですね。)
ヘモグロビン 10.0(低い。やっぱり貧血)
ヘマトクリット 32.5(低い。貧血確定!)
MCHC 30.8(低い。もうちょと数字が出れば、貧血の大元が分かるんですけどね)
血小板 26(正常値内。問題なし)

LDH 296
ALP 852
γ-GTP 206
これらは、すべて基準値超え。肝臓にかなり負担がきていることでしょうね。

CKMB 0.6
心筋トポロニンT マイナス
ミオグロビン 0.6
これらから「心筋症」の疑いはありません。胸の痛みとかが出るのは、やはり、癌によるものなんでしょう。
それと、筋肉が痛いとか言ったので、それの関係(筋ジストロフィーなど)も検査したんでしょうね。
さすが、主治医。これらの数字をとっているとは思いませんでした。

CRP (3+)4.5
これは、まあまあ悪い値。炎症が、体のあっちこっちで発生しているか、どこか集中的に発生しているんでしょうね。
何か症状に現れるんですがね。。。

のどが痛いから?
う〜ん。場所の特定は精密な検査しないとわからないんでしょうが、検査しても直接の原因を取り除くことはもうできないんでしょうから、しないんでしょうね。


次回、腫瘍マーカーをとります。血液状態が悪くなのはすでに、分かっているので、抗がん剤の点滴はできません。たぶん、次回のメインは、血液検査。
ただ、腫瘍マーカーの値がでるには、ちょっと時間がかかるので、再来週に詳細が判明。

再来週の発表は、もしかすると、過激な内容になるかもね。


と、いうことで、
「おたんこナース!」今日の注射は、激痛レベルで痛かった!(**) (TT)
どうして?寒かったから?


今日も、主治医が来て聞いたことは「なにか症状あります?」
私「下痢や軟便など目に見えるような症状は発生してませんね」
主治医「白血球が下がっています」
主治医「CRPもあります」
主治医「次回、マーカーとりましょうね」
私「あれ?今日3本血液取りましたよ」
主治医「あれは、心臓を調べたんです」
私「あ、これですね」
主治医「では、点滴しますか」
私「はい」

これで、暗黙の説明部分をいれると、次のようになるはずです。
(あくまでも自己判断ですからね)

おそらく、白血病系の可能性は低くなってきました。
痛みが継続するのではないので、癌による痛みとは違う痛みの元を考えている最中です。
心臓系の痛みではないような気がするので、やはり、癌による痛みなんでしょうか?
痛みの原因もちょくちょく探りながら、抗がん剤も併用しましょうね。
TS−1を併用した効果があるのかないのか、次回データを見てみましょう。
それと、順調にCRPとかが上昇してきています。
各種の数字は、生活に支障をきたすほどのレベルになってきていますが、なぜか?症状として表へでてきてませんね。

これが、2人の言葉にしない会話です。。。たぶん。


今日は、抗がん剤を点滴したので、今日の夜ぐらいから徐々に体に副作用(負担)が出てきそうですね。
TS−1という抗がん剤(飲むカプセル)もやっているので、体への負担は倍増。

今日の夜はできれば、ご飯抜きたいですね。
気分的には、3日ほどなにも食べないで、ごろごろしたいんですけどね。
うるさいのが家にいるので、どうなることやら。
(UFOだけとかチャルメラだけとか、プリンだけとかの夕食が食いたい・・)
明日から3〜4日は、パジャマ戦士で、布団と格闘しているかもしれません。

来週は、火曜日ぐらいから体が楽になるので、活動予定は火曜日からということで。
では、ぼちぼち、冬眠準備。

GIGAXさんという人
かってに書きよって。


ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年1月15日 14:22:32

登録タグ 抗がん剤 冬眠

2009年1月8日
闘病日誌 コメント(5)読む・投稿する
本日、通院日。

抗がん剤は、1クール3週間連続投与、1回休みとなるので、本日はお休みの日。

休薬日となるわけだが、抗がん剤をすることに。

この理由は、また、後で。

いつものように、血液検査して、診断待ち。

血液検査結果は、1時間ぐらいで出るので、その結果が出たら、問診となる。

看護師に呼ばれて、診察室へ。

いつのように、血液検査の値を見ながらのお話。
今日の会話は
主治医「白血球の値が少し下がっていますね」
私「やっぱり炎症かな?」
主治医「う〜ん。レントゲンとってみましょうか・・」
ということで、いったん、レントゲンを撮ることに。

レントゲンを撮って、また、診断室へ。
主治医「炎症じゃないみたいですね」
私「下痢や発熱など炎症出ないと思うんですが、咳がでるんです」
私「とりあえず、咳止めもらえますか」
主治医「今日、抗がん剤しますか」
私「・・・いいですよ」

と、あまりかみ合わない話をして、抗がん剤をすることに。

結局、2人とも口にはしなかったんですが、次の会話を心の中で行っていました。

あれ?白血球が下がってる
白血病の疑いの可能性は下がりましたね
でも、レントゲンで見る限り気管支系の炎症も見当たらないし、
白血球が上昇した理由がこれで、分からなくなった。
薬の副作用の可能性があとは残っている。
これを調べるためには、抗がん剤を投与するか。
それに、肝臓の癌の影響も出始めてきているので、予定を早めるか。

と、いうことを2人で思ったんです。たぶん。

私が主治医に言った言葉も抗がん剤をすることになった理由ですね。
私「マーカーのグラフをlog2の指数グラフで見ると、ちょうど右上がりのいいラインなんです。目視で、7日で倍になっていますね」
主治医「それは、早いですね」

はい、癌の進行スピードはどうやら通常の人より早いらしいですね。
ただ、表に出てこないだけのことなんでしょうか。


同じ病気をお持ちで、ここに立ち寄った方のために。
抗がん剤の副作用について。
私の場合の副作用は、血小板の低下だけですね。
おう吐は、一度もありません。(ね、これは、ちょっとニュースレベルでしょう)
副作用と思われる下痢。発熱などもありません。
もちろん、体がだるく感じることはありますが、特になにも思うことはありません。
要するに、これは気持ちの問題での精神的副作用なのかもしれませんよ。

腫瘍マーカーの値からして、いつでも入院してもいいんでしょうが、今はまだその気配が感じられません。
癌の克服はおそらく、
1.食うより寝ろ。
2.水分を多めに(2リットルは飲め)
3.ゲームでもプラモデルでもなんでもいいので集中するものをする。

これだけで、予定より長く生きてます。


そうそう、今日は、血液検査のために1本注射を打たれて、
抗がん剤投与の時にもまた注射されました。
2回も、穴をあけられた。。。
血液検査のときは痛くなかったけど、抗がん剤のときは痛かったなあ・・
忙しかったから?



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年1月8日 13:22:46

登録タグ 抗がん剤

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次ページ>
プロフィール
GIGAX
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます
男性
愛媛県

2018年5月
先月次月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

COUNTER: 000417900






ブログランキングに参加しています。 ↓↓クリックをお願いします。




Firefox3 Meter バリブロ会 - GIGAX開発・日々徒然 バリブロ会 - GIGAX開発・日々徒然
RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved