GIGAX開発・日々徒然

GIGAXの運営や開発等、あらゆる内容を書き込みます。
2009年2月6日
食と安全と時間(怖がりは読まないほうがいいかも) コメント(2)読む・投稿する
以前にもチラッと書いた食の問題。

内容がちょっと過激になるかもしれません。

また、特定の商店などを攻撃する目的でも、営業妨害をする目的でもありません。

農産物と海産物や養豚などさまざまなものが人間の手によって、生産されてきています。

養殖系と自然系とのものがありますが、養殖系でのお話。

農産物のほとんどは人工的なエリアを作成し、人工的に作られた生産物がほとんどとなります。
人工的に作る農産物のほとんどは、人工的な肥料と消毒を行って植物を成長させ、それを出荷しています。

アメリカのフルーツやブロッコリーなどに代表されるように、多くのものが消毒を中心として、果肉などの中に蓄積され、出荷前にも、消毒のシャワーがかけられます。
おそらく、一番多い栄養素は、ビタミンなどでなく、消毒液かもしれませんね。

ただ、この消毒液は微量である場合は、検査に引っかかりません。
検査は、1回の食事で使用される毒性の量であって、食べ続けた蓄積毒性ではありません。

このような食物は「安全」とされてしまうんですよね。

その畑などで何が使用されているか、出荷時には、何をしているか。これを見極めるのは大変なことです。

顔の見える地産地消のものは、その点安心感が高いかも知れませんね。



海産物は、天然のものと養殖のものがありますね。

養殖のものは、必ずと言っていいほど、奇形が発生します。

出来れば、奇形率と言うものを会社ごとに発表して欲しいものです。

奇形されたものは、再び、養殖のえさとして循環すると思われるので、ますます、奇形率が高くなってしまいます。

奇形の鯛を使った鯛めし。奇形のえびを使った握りずし。奇形のうなぎを使ったうな丼。
これらは、出荷され、消費者の口に入ってきています。

奇形の入っている可能性のある100円の回転寿司と、その恐れの少ない150円の回転寿司。どちらを選択するかは、消費者が決めることです。


肉類は、天然のものを食べるという事があまりありません。
ほとんどが家畜と言う形で提供されます。

もちろん、魚の問題と同じで、奇形が発生するんです。

魚はそのままの形で売られることが多いのですが、お肉はかならずさばかれた状態で店頭に並びます。

そのため、奇形であっても出荷されることが多いんです。

アメリカで牛の出荷前の加工工場に運ばれるシーンを何度か見たことがあります。
10頭あたり、1〜2頭の牛がよろけて、フラフラ状態で、とさつ場に運ばれていっています。
もちろんBSEに感染している証拠はありませんが、病気か奇形だろうと思われます。

病気や奇形の牛は、検査でパスされます。
すなわち、店頭に並ぶことが多いんですよね。

日本の小さな農家が、たった1頭の牛を家族のように大切に育てて、出荷を見送るシーンも数多く放送されていました。
この牛のお肉は最高においしいんでしょう。それに最高に安全だと思います。


コンビニのお弁当にも色々と問題が発生しているようですね。
コンビニのお弁当は2種類ありますね。
いわゆる工場生産系のお弁当と、地元で作られたお弁当。

どちらかと言うと、工場系の生産されたものは、安全性が低くなります。

今、話題になっている、腐らないおにぎり(5日たってもカビさえも生えません)
コンビニの食品は、あまり腐りません。

以前にコンビニの残り弁当で、養豚のえさにした養豚場があります。その親豚から生まれた6頭の子供のうち4頭が奇形でした。
コンビにでもこれらの問題は、把握しているみたいで、一般の弁当と、高級弁当を分けておくようになっているところも多くなってきました。


一般の消費者がラベルなど見ても、安全度は分からないんですね。
そこで、簡単な見分け方

一番安い商品には手を出さない。

これが、私たちを守る一つの手段となり、出荷するほうも考え方が変わってくるのではないかと思います。

多少の時間はかかりますが、日本が誇る「難問をクリアする技術力」で、世界の食料技術を改善していき、後世の食の安全を守って欲しいものですね。



ブログランキングに参加しています。
↓↓クリックをお願いします。



更新 2009年2月6日 02:04:46

登録タグ  安全
わかりました
pyapya

そうですね。貧乏しているからといって、一番安い物を買うことはしないようにします。中国産は買っていませんが。地元の安全な物は、多少高め。でもみんなで買って応援しないとね。
牛肉といえば、昨日の映画「オーストラリア」では、大地で育った1500頭の牛を大きな町の港に停泊させた船に乗せるまでの砂漠を駆けめぐる壮大なシーンがありました。皮肉なものですね、戦時の特需のお金儲けのため。健康で安全な牛たちは、戦時に食べられていた。
四国は、山や海や川などの自然にめぐまれ、食べる物も新鮮でおいしいのではと思ってきましたが、問題もやっぱりあるんでしょうね。企業の良識と私たち消費者の賢さが必要ですね。
今日も いい日でありますように!!
2009/02/06 09:11:01
連続婦女暴行魔 中島大士
連続婦女暴行魔 中島大士

愛媛県今治市波止浜169在住の中島大士(なかしまたいし)は暴走族今治連合に所属する暴走族です
彼らは少女を車で拉致して暴行を加えては、写真を撮り、自分たちには関東連合がバックについていると言って脅します
そして、被害者の周囲で執拗に暴走を繰り返し、恐怖を与えて口封じをし、再び暴行に現れます
今治連合の暴走族中島大士に気を付けて下さい
2015/12/25 01:04:28
記事へのコメント投稿
投稿者
(必須)
URL
タイトル
(必須)
コメント投稿
(必須)


※ HTMLタグの挿入はできません。

プロフィール
GIGAX
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます
男性
愛媛県

2019年8月
先月次月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       

COUNTER: 000460454






ブログランキングに参加しています。 ↓↓クリックをお願いします。




Firefox3 Meter バリブロ会 - GIGAX開発・日々徒然 バリブロ会 - GIGAX開発・日々徒然
RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved