なんしよん?・・・ほおでぇ。それオモロイやん。

派遣切りとか、リストラとか、収益下方修正とか・・・何か面白く無いことばっかりが多い時代に突入した昨今。
そんな中で、日夜オモロイことを探して、クスっとでも笑えるモンに出会えるのを楽しみにしとんじゃけど・・・。
それが何か?
2010年3月11日
夢日記<3>・・・うどん屋 コメント(2)読む・投稿する
新しいうどん屋が開店した。

そこに、何故か早川のJ野さんと一緒に食いに行っている。

店内の行列に並びながらメニューを見る。

うどん定食があり唐揚げ的なものと飯、うどんのセット。

結構量が多い感じ。

それを注文する事にするが、

レジの前で、鍋に入ったカレーを店の人が掻き混ぜており、

そのカレーがめっさ美味そうな。

頭の中で、うどんにカレーを入れてもらって、

うどんだけを食うた後、残ったカレーに飯も入れる。

すると、カレーうどんとカレーライスと唐揚げも食えて、

これはめっさお得じゃなあ・・・とか考えている。

更新 2010年3月11日 08:48:22


2010年3月2日
夢日記<2>・・・飛行機 コメント(3)読む・投稿する
○○県の選挙活動に参加している。

○○党のHKさん(本当はE県議)を擁立して応援する事にする。

しかし。鍋の底にある溶接跡のクラックにカレーの汁が入って

錆が出来やすくなったので、HKさんは票の獲得は困難だと思っている。


大きなSC(イオンのような)の2階の窓から外へ出て、屋根伝いに

建物の外へ出ようとしている。

スカートを履き、ベストを着てスカーフを巻いている。

ANAのCAっぽい姿。

髪の毛は現状。第3者的な視線で自分を見ている。

SCの外れの窓から1階に降り歩く。

店は何故か昼までで閉店している所が多い。

今閉店したところのようで、照明はまだ点いている。

飛行機のミニチュアの専門店がある。

黄色い服を着た髪の毛がボサボサの男が、

ショーケースの上に乗ってミニチュアを見ている。

その店の前には、2メートルもありそうな黄色いジャンボ機の

ミニチュアが置いてある。


更新 2010年3月2日 07:06:52


2010年2月13日
夢日記<1>・・・コンサート コメント(3)読む・投稿する
20100213朝




コンサートの準備をしている。

自分は出演者で共演者はA。

中高生の頃のコンサートスタイルで、

首からハモニカを提げ、

ギターを持って、

会場でAIと幕が開くのを待ちながら、打ち合わせをしている。

THが入って来て、一緒に準備を始める。

ワシは、

「何の曲をやろうか・・・」とか、

「Gのコードはどうだった・・・」とか、

コード表を見ながら「春夏秋冬のページはどこだ・・・」とか、

考えている。

AIに「先ずあんたからやってよ」とか言っている。

この期に及んで、何の準備もできていない。

携帯で外で開演を待っているはずの元部下S水に電話をして、

何か持って来るよう依頼している。

そして幕が開いた。

幕の向こうは野外になっており、

どこかの自治会館か公民館の感じ。

地面に座布団が直接敷いてある。

客席の向こうに焼却炉がありそこで子供が遊んでいる。

客らしき姿は一人もない。

心の中で「最初はこんなもんじゃ・・・」とか思っている。

客席の外れに自治会館みたいな建物があり、

その入り口で人がひしめき合っている。



更新 2010年2月13日 07:10:28


2009年8月14日
「禿げ進化論」について コメント(1)読む・投稿する
最近何でも薄すなっていきよる。

TV、携帯電話、PC・・・などなど。


つまり、進化しよんじゃ。



人間もじゃ。


サル → 類人猿 → ネアンデルタール人とか・・・ → 人間

と言う風に、おりゃ!よー見てみい。

だんだん、身体の毛が薄すなりよろがい。


そして、ワシの頭の毛も薄すなりよる。


つまりじゃ。

それが進化なんじゃね。



頭の毛が薄いワシは進化した人間の一人なんじゃ。


最近、色々、アゴの皮膚を頭に移植したらどうじゃろとか・・・

サルの皮膚を頭に移植したらどうじゃろとか・・・

思いながら。悩みながら。

インディアン伝承シャンプーも使おたり、

何とか言うトニック使おたりした。




けど、悩むことないんじゃ。



宇宙人の進化系も見てみい。


スターウォーズに出てきよる宇宙人も頭に毛が生えとるヤツは少ない。

ウルトラマンだって毛がなかろ。


ちょっと待て・・・ほんなら、河馬とか象とか・・・毛が無いヤツらは・・・

人間より進化しとるっちゅうことかい?


犬とか猫とか牛とか馬とかヤギとか・・・

獣言うわなあ。獣 = ケモノ = 毛者 だろ?

そいつらより、河馬とか象は進化しとんか?



いやいや。

象の祖先はマンモスじゃ。

あいつ等は毛だらけじゃった。

マンモスが進化して毛が無いなって

象になったんじゃ。よっしゃ。

彼らは彼らの種の中で進化しよるっちゅうことじゃね。




ほんなら。

何で人は、髪の毛の少ないのを気にするんか?

ほんで、何で人は、髪の毛の薄いワシらを見て「禿げ」とか、

「つるっぱげ」とか、屈辱的な言い方で呼ぶんか?

禿げ頭を指差して笑う子供もおる。

禿げても無い同級生を罵倒する時に、

「このクソ禿げが!」と言う高校生も居る。

それに、どこの中高生も、

頭の毛が薄い教師が居ったら、絶対に

「禿の○○」とか言うて陰では呼んどるはずじゃ。




要は、何で禿げが虐げられとんじゃろか?っちゅうこっちゃね。


それは、まだまだ禿げはマイノリティじゃけんじゃろか。


まだまだ禿げの方が少ないけんじゃね。


ほんで、肩身の狭い思いをしながら、

それが、「恥ずかしい」という意識につながっとる。

「恥ずかしい」と言う弱い気持ちが表面に出るけん、

それがマイナスイメージになり、

虐げられるんじゃないんかいね。



そうじゃ無い。


進化した我々「禿げ」はもっと心を広く持たないかん。

「はげ」「ツルッパゲ」「ツル」などと言う言葉は敬称なんじゃ・・・と。

つまり、「斉藤さん」とか「近藤さん」とか呼ぶ代わりに、

「斉藤はげ」「近藤ツル」とか言うべきなんじゃ。

もっと最上級の敬称は、「山口ツルッパゲ」だと思う。


この「禿げ進化論」と「禿げ敬称化」の定着化。

我々のマニュフェストとしたい・・・何?


更新 2009年8月14日 10:52:36


2009年6月14日
一日感覚・・・「サモカテ感覚」について コメント(3)読む・投稿する
歳をとると時間が経つのを早く感じる・・・

と言われる事が多い。


それは、それまで生活して感じてきた時間の長さと

単位当たりの時間の長さを比較して、

時間を感じる長さが違ってくるからである。



例えば、10歳の子供にとっての一日。

10年=3,650日とすると、

1日を感じる感覚「一日感覚(サモカテ感覚)」は、

1日/3,650日=0.00027

グリヌナン指数(Gulinunun index)で表すと、27,000Å(gul)になる。


一方。50歳にとっての一日。

50年=18,250日なので、

1日/18,250日=0.000054

グリヌナン指数は、5,400Å(gul)である


つまり、10歳の子供が感じる1日の感覚は、

50歳の中年が感じる感覚より

「5倍の速さがある」と言うことである。


ちなみに、

グリヌナン指数とは、人間が感じる時間の速さを表すのに用いられる。





この理論は、

今朝、起きてブログを書こうとした時に

筆者が感じただけの事であり、

何の科学的根拠も無い。



当然ですが・・・。



えっ?

それが・・・何か・・・?



「グリヌナン指数に関する最近の記事」


更新 2009年6月15日 09:03:52


2009年2月2日
EF65-1136・・・新居浜駅 コメント(3)読む・投稿する




昨日の3076レ

EF65-1136

コンテナが無いやんか。

コンテナゼロでっせ。

駅のホームが見えるがね。

運ぶモン無いんじゃろか・・・。

不景気の風は、こんな光景も作ってしまうんじゃなあ。




信号灯もサブそうに佇んどる。


更新 2009年2月2日 16:53:11

登録タグ 鉄道 新居浜駅 EF65

2009年1月13日
新居浜・大島の「とうど祭り」 コメント(4)読む・投稿する
新居浜にも「大島」という島がある。

小さな島で、120世帯、300人程の人が住んどる島じゃ。

この島で毎年、成人の日の早朝、「とうど祭り」が行われるぞ。

従来は、1月15日にやりよったらしいんじゃけど、

成人の日が、ハッピーマンデーで1月の第2月曜になったけん、

それに合わせて日程を決めとるらしい。


まあ。何はともあれ、今年。ワシも初めて見に行た。


朝、5;30発のフェリーに15分乗って大島に到着じゃ。

ほんで。

6:00丁度に島の港付近に作られた4基の「とうど」と呼ばれる、

竹で作った櫓に点火。

この櫓に、正月に使おた注連縄や昨年もろた神社のお札、

破魔矢何かをいっしょに貼り付けて燃やすんじゃ。



点火と同時に「とうど」は勢い良く燃え上がる。

昨日は風が強おて、風にあおられて、

ほとんど一瞬で燃え尽きてしもた。


ほんで。

燃やした後の灰を鏡餅に付けて、それを食う。

ほんなら無病息災ということらしい。


とにかく、色んな、古くから守られた行事をこなし、

祭りは終わりを迎える。


何の祭りでも一緒じゃけど、

終わった後は、何と無く寂しいもんじゃ。



更新 2009年1月13日 23:48:33


2009年1月11日
新発売!「ヒトデナシ」&「イクジナシ」・・・プレスリリース コメント(7)読む・投稿する
長年をかけて開発中でありました、全自動脱穀機「ヒトデナシ」と全自動保育ロボット「イクジナシ」が完成いたしましたので、下記のとおりお知らせ致します。

             記

1.全自動脱穀機「ヒトデナシ」

   これまでの農業用機械のイメージを根底から覆す、
   全ての作業に人手がかからない全自動の脱穀ロボット。
   開発に50年をかけ、開発者の一人は戦後の復興期から
   このロボット構想を抱きながら携わり、今年で米寿を迎える
   鬼瓦権蔵です。
   「鬼の権蔵」と異名をとる彼の英知と努力の結晶が、この
   「ヒトデナシ」です。

   価格1,890,000円(税込)〜
   オプション品は含んでいません。


2.全自動保育ロボット「イクジナシ」

   全自動脱穀機「ヒトデナシ」と並行して進められてきた
   全自動保育ロボット「イクジナシ」の開発。
   「ヒトデナシ」の全自動化に活用した技術を保育ロボット
   開発に活かしながら、この度、ほぼ同時に完成することが
   できました。
   これまでの保育ロボットとは違い、お母様方の育児の手間を
   一切省くことができる製品です。

   価格 5,280,000円(税込)
   今ならオプション品である音声自動認識母乳ミキサー(通常価格
   23万円)を無料進呈。
   

(※この広告はダミーですので、広告内容を信じて問合せなどしないで下さい)

更新 2009年1月11日 11:07:41

登録タグ ロボット 脱穀機 育児


プロフィール
無礼麺
プロフィール画像
画像または名前をクリックすると詳細情報が見られます

2019年9月
先月次月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

COUNTER: 000016638





RSS2.0

個人情報・著作権について


お問い合わせ | 当社についてリンクについて著作権について個人情報について
こだわり厳選ショップのGIGAX(ギガックス) インターネットショッピングモール
Copyright(c) 2006-2008 ver1.2 GIGAX(ギガックス) All Rights Reserved